女性ホルモンコントロール法

エストロゲンに似た働きでサポート!

 

手軽で誰にでも試しやすいのが、「大豆イソフラボンなど、エストロゲンに似た働きをする成分を食事から摂る」という方法ですね。

 

豆腐・豆乳・納豆などの大豆食品から、この大豆イソフラボンを摂ることができます。

 

過剰摂取を防ぐための目安は、豆腐なら1丁まで、豆乳なら400ccまで、納豆なら小パック2つまで、と思っておけばいいでしょう。

 

えっ!?アロマでもエストロゲンサポートができる!?

あまり知られていませんが、実はアロマの精油でも、「エストロゲンに似た働きを体内にもたらす作用をする」というものが存在します。

 

フェンネル・クラリセージ・ニアウリ・ジャスミン・イランイランなどが、エストロゲン様作用をもたらす精油として知られています。

 

逆に言うと、妊娠中は子宮内膜の環境を良好に保って胎児を育てるために、プロゲステロンの安定した優位性が必要とされるので、これらのアロマはすべて、妊娠中の使用は禁忌となっています。

 

低用量ピルの活用もアリ!

 

女性ホルモンのバランスコントロールが自力では難しい、という人は、「低用量ピルを利用する」という手もあります。

 

低用量ピルにはエストロゲン・プロゲステロンの両方の女性ホルモンが含まれており、女性ホルモンのバランス調整に大いに役立ちます。
飲み始めのうちは「ピルによる、突然のホルモンバランスへの干渉」に体がびっくりして、一時的にだるさ・頭痛などの副作用が出ることもありますが、慣れればその後に副作用がぶり返すということはほとんどありませんし、肌にとってもちょうどいい状態のホルモンバランスが続きます。

 

ただ「低用量とは言え、ピルを飲み続けていると不妊になるのでは」と不安に思っている人もいるでしょう。
ですが、低用量ピルで不妊になるリスクは、まずありません。
ピルをやめれば、止まっていた排卵がちゃんと再開しますし、その直後に妊娠したとしても、胎児に悪影響を与える心配もありませんよ。

 

低用量ピルに対しては、今も「特殊」「怖い」「敷居が高い」というイメージを持つ人が少なくありませんが、実際の安全性はかなり高いのです。
より安心して低用量ピルを利用するためには、「ピルの処方の実績が多い婦人科・レディースクリニックを探す」というのがおすすめですよ。

女性ホルモンをコントロールして美白に近づこう!関連ページ

生理周期によるシミリスクの変化を知ろう
女性の体というのは、生理周期によってホルモンバランスが変化するのですが、美白実現のためには、この変化の仕組みを知っておくことが、非常に重要です。 なぜなら、「シミリスクが特に高くなる時期」というのが存在するからです。