スッと眠りにつくためのコツ

睡眠不足によるターンオーバーの乱れや遅れ、及び造血不足は、美白を目指す人にとって、非常に大きな問題なのですが、「ちゃんと寝ようと心がけてはいるんだけど、スッと眠りにつけない」という悩みを抱えている人も多いですよね。

 

そんな人のために、スッと眠りにつけるコツをいくつかご紹介しましょう!

 

夕食は香辛料と脂肪を控えめに!

スッと眠りにつくためのコツとして、「夕食では、なるべく香辛料と脂肪を控える」というのが挙げられます。

 

香辛料は脳を刺激し、活性化させてくれる効果があるのですが、夕食後に脳を活性化させる必要はありませんよね。
むしろ「これからの睡眠のために落ち着いてほしい」という状態ですから、そういう意味では夕食時の香辛料が逆効果になりかねないのです。

 

また、脂肪分が多いと、その脂肪を分解するのに時間がかかり、「いつまでも胃腸が活動を続けるため、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりしてしまう」という状態を生み出してしまうのです。

 

入浴後に軽いストレッチをしてみよう!

スッと眠りにつくために「入浴で血行がよくなっている時に少しだけストレッチをして、心身をほぐす」というのが、意外と効果的です。

 

まずは、立った状態で全身の力を抜き、手と足をぶらぶらと軽く振るように動かします。
当然のことですが、足のぶらぶら振りは、片足ずつやって下さい。

 

その後、肩を前回し・後ろ回しに大きく数回まわして、最後にぐーっと腕を上に伸ばして、背筋を伸ばすストレッチをすれば完了。

 

あとは座って、大きな深呼吸を数回繰り返すと、かなりのほぐれ効果が得られますよ。

 

ティータイムはハーブティーを!

夕食から就寝までの間に、「ちょっと一息」と飲み物を飲む習慣がある人も多いですが、コーヒーや紅茶・緑茶など、カフェイン含有の飲み物は避けましょう。

 

香りがよくてリラックス効果があり、カフェインの心配もないハーブティーがおすすめです。

 

リラックス効果の高いハーブティーとしては、カモミール・オレンジピール・ラベンダーなどが挙げられますが、美白を目指す人には、ビタミンC豊富なローズヒップもおすすめです。

 

寝る30分前は「明日の準備」の時間にしよう!

スッと眠りにつくためには、就寝30分前には、スマホやパソコン・ゲームなどの電子画面から離れることが大切、と言われますが、「かと言って、スマホをいじってないと、寝るまでの30分を持て余しそう」という人もいるでしょう。

 

就寝30分前の過ごし方に困っている人は、その時間を「明日の準備のための時間」にあててみてはどうでしょうか。
明日必要なモノを準備し、忘れてはいけないことがあればメモに書いておく。
そして、明日着る服や履く靴も、この時間に準備しておくのです。

 

こうして準備をじっくりとやることで「明日の用意は万端」という安心感が生まれてリラックスにつながりますし、翌朝もバタバタせず、余裕を持って過ごせるようになるのが大きなメリットですよ。

 

できればやりたい!布団の天日干し

 

もし、あなたの住まいが、「布団の天日干し」をできる環境であれば、ぜひとも、晴れた日は、スッと眠りにつきやすいよう、天日干しをすることをおすすめします。

 

なぜ、スッと眠りにつくために天日干しがおすすめなのかというと、実は、天日干しをしたあとに布団からただよう「お日様のにおい」は、人の脳の気分を良くさせて、リラックス作用を生み出す効果があるからです。

 

実は、あのお日様のにおいの正体は、布団にしみこんだ汗や脂肪分などが、紫外線によって分解されることで出るにおいなのですが、人間はこのにおいに対して、本能的にリラックス感を感じると言われています。