美白のための、女性ホルモンコントロールの大切さ

美白ケアと言えば、美白コスメを使うことばかりを考えてしまいがちですが、そうした外側からのケアだけで、美白が成功するわけではありません。
「内側からのケア」というのも、かなり重要になってきます。

 

内側からの美白ケアとして、食生活や生活習慣の見直しと共に、忘れてはいけないのが「女性ホルモンのコントロール」です。

 

なぜ、女性ホルモンのコントロールが必要なのか、その理由をお話ししましょう。

 

女性ホルモンの種類と役割

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。
この2つの女性ホルモンは「肌に対しての働きかけがほぼ正反対」と言っても過言ではありません。

 

まず、エストロゲンは、簡単に言うと「美白・美肌に嬉しい女性ホルモン」です。
エストロゲンは、理想的なターンオーバーをサポートするだけでなく、角質層に保水力を持たせたり、コラーゲンの生成を活性化させる力があります。

 

さらに、エストロゲンは抗酸化作用も強く、「活性酸素の刺激によるメラニン色素生成リスク」を抑える効果も期待できます。

 

これに対してプロゲステロンは、妊娠・出産のためには不可欠なホルモンなのですが、「美白・美肌の大敵となる女性ホルモン」でもあります。

 

プロゲステロンには、「メラニン色素を増やす環境を整えてしまう」という作用があるからです。
なので、プロゲステロン分泌が多い黄体期は、ちょっとしたことでシミなどができやすい状態になると言えるのです。

 

ちなみにプロゲステロンには、皮脂分泌を過剰にする作用もあり、「ニキビを作って、ニキビ跡の色素沈着を起きやすくしてしまう」というリスクや、「肌そのものの状態を不安定にさせ、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こし、バリア機能まで低下させてしまう」というリスクもあります。

 

両ホルモンのバランスが大切

 

さて、ここまで見てみると、「それじゃあエストロゲンのサプリを飲んで、エストロゲンをガンガン補給して、プロゲステロンよりも多い状態にすればいいじゃない」と思われるかもしれませんね。

 

ですが、実はこれはダメなやり方。
確かに、肌に対してはエストロゲンのほうがいい作用をもたらしますが、エストロゲンが優位になりすぎると、生理周期の乱れや不妊などを引き起こしてしまうリスクがあるのです。
生理周期の調整や妊娠のための環境作りは、プロゲステロンが担当していますからね。

 

要は「プロゲステロンが優位になりやすい時期に、エストロゲンをあまり弱らせない程度の工夫をして、肌への悪影響を少なく抑える」というレベルの、バランスを考慮したコントロールが適切だということです。

美白のカギ!女性ホルモンと美白の関係記事一覧

シミリスクが特に高くなる時期は、「排卵日から生理直前までの時期」です。排卵日は基礎体温をつけている人なら分かると思いますが、そうでない場合は大体「生理開始日から2週間近く経過したころが排卵日」と思っておくといいでしょう。ただしこれは、ほぼ28日周期で生理が来ている人の話。生理のサイクルが遅れていると、その遅れの分、排卵日も遅れます。たとえば「35日周期で生理が来る人の排卵日は、生理開始日から3週間...

エストロゲンに似た働きでサポート!手軽で誰にでも試しやすいのが、「大豆イソフラボンなど、エストロゲンに似た働きをする成分を食事から摂る」という方法ですね。豆腐・豆乳・納豆などの大豆食品から、この大豆イソフラボンを摂ることができます。過剰摂取を防ぐための目安は、豆腐なら1丁まで、豆乳なら400ccまで、納豆なら小パック2つまで、と思っておけばいいでしょう。えっ!?アロマでもエストロゲンサポートができ...